インテリア

不動産会社選びに悩んでいるならダブルオレンジが最適

  1. ホーム
  2. 物件購入の流れ

物件購入の流れ

マンション

色々な手続きが必要です

さいたま市は埼玉県の県庁所在地であり、浦和市・大宮市・与野市の3市が合併して誕生しました。その後岩槻市も編入されて、現在のさいたま市となりました。さいたま市に住んでいる人の多くが東京都心部へ通勤通学するため、ベッドタウンとして発展してきた歴史があります。そのため、さいたま市の不動産取引は現在でも盛んに行われており、マンションや一戸建て住宅などが次々と購入されています。さいたま市内の不動産には売主が不動産会社である分譲物件と、売主が個人で不動産会社の仲介を受けている仲介物件とに分けられます。いずれの物件を購入する場合にも、住みたいエリアや住宅の種類などの希望条件を明確にすることから始まります。そして住まいについて概ねの希望条件が決まったら、どれくらいの予算が取れるのか目安を立てます。分譲物件を購入するときは不動産雑誌やインターネット検索などから、住みたい物件を探すことになります。一方仲介物件を購入するときは、信頼できる不動産会社を探す必要があります。不動産会社の特徴を調べて依頼する会社を決め、住みたい希望条件を伝えて住まい探しを行います。気に入った物件が見つかったら現地に見学に行って、周辺環境や間取りなどをチェックしましょう。そしてここからは色々な作業が必要となります。まずは不動産を購入するために、住宅ローンなどの資金計画を立てます。購入したい物件が決まったら購入の申し込みを行い、不動産会社から重要事項の説明を受けます。更に不動産売買の契約と、住宅ローンの契約を行います。売買契約を結ぶときには手付金が必要となります。そして物件の引き渡しが行われ、残りの代金を支払うことになります。引き渡しの際には物件の登記作業を行い、その後引っ越しをして入居という流れになります。