インテリア

不動産会社選びに悩んでいるならダブルオレンジが最適

  1. ホーム
  2. 発展が続く若い街

発展が続く若い街

部屋

地価の低下リスクなし

湘南の海を望み、温暖な気候に恵まれた茅ヶ崎市は古くから別荘地として利用されてきました。茅ヶ崎というと海というイメージがありますが、市の北側にはゆるやかな山地が広がり、大規模な公園が整備されていたりと緑の多い都市でもあります。今では都心への通勤圏であることからベッドタウンとして発展して、今現在でも人口が増加中で、これからも発展が期待される街です。茅ヶ崎の東海岸から駅にかけては古くからの住宅地や高級マンションが多く、不動産物件の販売は五月雨式でまとまった不動産の売り出しはありません。西海岸側や駅の北口方面は新興住宅地が造成されていて、旧市街地と比べると不動産価格も手ごろで茅ヶ崎に住みながら都心へ通勤する人が増加中です。不動産を購入した場合、気になるのは地価の低減です。大都市圏の地価は下げ止まりから上昇に転じてきていますが、地方部は未だに地価の低下が続いています。茅ヶ崎では発展の続くブランドイメージのある街のため、地価は低下することなく、もし購入した土地を手放すときであっても値崩れを起こさずに販売することができます。そのため、茅ヶ崎で不動産を購入する時は地価の低下を考えなくても良いことは大きなメリットです。駅北側の新興住宅地にはショッピングセンターなど多くの店舗が出店してきて、今は手頃な地価であっても茅ヶ崎の中で最も地価が上昇する可能性を秘めている土地です。海近くの土地と比べて潮風の影響を受けにくいこともメリットとしてあげられます。